コンデンスリッチ

コンデンスリッチ定着率80%、じゃあ残り20%は

コンデンスリッチは体の不要な脂肪を採取して、さらに不純物を取り除いてきれいなものをバストアップのために胸に注入するものですが、自分の体の脂肪使うので安全で自然なバストアップになるので人気を呼んでいます。
定着率80パーセントとありますが、これが何のことかといいますと最終的に半永久的に胸にとどまる脂肪細胞のことを言います。
では吸収されなかった残りのを20%はどうなってしまうのでしょうか?
例えば250CCの脂肪をバストに注入したとします。そうすると 3カ月ぐらいの間に250CCのうちの 20 %はゆっくりと時間をかけて徐々に体内に吸収されて脂肪として代謝してやがて尿となって体外に排出されていきます。濃縮された脂肪細胞使いますからシコリになる心配はほとんどありません。

 

コンデンスリッチは普通の脂肪注入とはまったく違います。
コンデンスリッチは注入した脂肪を全く外気に触れないようなすばらしい衛生状態で遠心分離機にかけて、従来の脂肪注入のリスクでシコリの原因になってしまう細胞の不純物をきれいに除去して、それからさらに濃縮した脂肪を胸に注入するので高い定着率を誇っています。

 

確かに自分の体の脂肪なので 100パーセント定着はしませんが、個人差がありますので全く吸収されずに注入した脂肪がほとんどバストにとどまったままで満足している方もいます。体内に吸収されてしまい想像していたよりもバストが膨らまない方もいますが、安全で自分の体の細胞を使う手術ですので、温かく触った感じも新鮮な肌触りが女性に高く評価されているようです。