豊胸手術

豊胸手術の危険性

豊胸手術の危険性はあまり書かれていません。それはとても危険で悲しいことだからです。
豊胸手術では合併症や生殖機能への副作用が全くないとは言い切れません。
つい何年か前に死亡された例も存在するのです。そこまでひどくなくても、今人気を呼んでいる濃縮脂肪注入はシコリが沢山できて乳房をさわるとゴロゴロとしていびつな感じが分かり彼氏と別れてしまった。という事例もたくさんあります。
それから豊胸手術のために体のほかの部分を脂肪吸引することで体のバランスが崩れてしまい、体調がずっとすぐれないという事例もあります。
それから一番悲しいのは、手術の結果は想像と違うということです。このことはいつまでもその女性の心に深く刺さる傷になってしまいます。
一人一人状態を見ながら手術するのでカウンセリングの時に言っていたようには上手くいかないようです。太ももなどの脂肪を脂肪吸引して遠心分離機にかけ、バストに注入する手術の場合は胸に定着しなければ豊胸せず手術する前と全く変わらないということもあります。シリコンバックを入れる手術の場合はだんだんとシリコンの位置がずれていって変なバストの形になってしまったので、もう一度手術を受け直すという事例もあります。何にしても何度も女性の肌にメスを入れるのは本人として気持ちのいいものではないでしょう。

 

それから豊胸手術をした女性は自殺をする確率が高くなるという統計も出ています。
そこまで自分を責めなくてもいいのですが、親からもらった体にメスを入れたという気持ちが後を引くようです。